新型コロナウイルスの陽性患者は民間救急車で搬送出来るのか?

query_builder 2020/08/03
ブログ
パル移送サービス
新型コロナウイルスの特性を熟知したドライバーと感染症対策をした車両を配備していれば対応可能です。
しかし未知のウイルスなので間違った知識だったり、車両自体が対応不可能なところが多いのが現状です。また消防救急車も一度搬送してしまうと、他の急病人の所にしばらく行けなくなる点も死活問題です。

パル移送サービスでは2月のダイヤモンドプリンセス号の陽性者搬送から現在に至る約半年間の約150名以上の搬送実績と現場経験と対策から様々な取り組みを行って独自のマニュアルも作成しています。
特に【うつされない、うつさない】をモットーに取り組んできました。
①出発前の健康チェック
普段から自己免疫向上に努め、体調不良者は乗務させない。
②2人1組で感染防護衣の着脱
正しく着れているのか?脱ぐときは汚染部分に触れていないか?2人で確認する。
③車両の養生
運転席側と陽性患者が乗る部分を分離し、感染リスクを減らす。
④アルコール消毒
濃度70%から80%で車内や手指消毒する。念のため、薄めた次亜塩素酸ナトリウムでも拭く。
⑤換気扇
常に回し、車内を換気。介護タクシーにはついていないとこが多い。
⑥個人情報
搬送で知り得た情報は漏洩しないように厳重に管理。自宅などにお迎えに行く際は周りに配慮するよう努める。
⑦車両を使い分ける
感染症患者を搬送した車両は消毒し、一般移送とは区別する。

乗務員は適宜、PCR検査、抗体検査、抗原検査を実施しているが未だに陽性者は0である。
考えうるすべての策をこうじて、これから来るであろう第二派、第三派に備えていきます。

NEW

  • 車検&冬支度について

    query_builder 2020/11/11
  • アルコール消毒液 〜パル移送サービスの資機材紹介〜

    query_builder 2020/11/02
  • ガーグルベース(膿盆) 〜民間救急の資機材紹介〜

    query_builder 2020/10/28
  • 医療用酸素ボンベ 〜民間救急の資機材紹介〜

    query_builder 2020/10/23
  • 営業時間のお知らせ|株式会社PAL|パル移送サービス

    query_builder 2020/10/21

CATEGORY

ARCHIVE