どんな時に民間救急車で長距離搬送を行うか?

query_builder 2020/08/17
ブログ
1E33018E-88E2-4AC8-802E-A0527FF8FDFE_R
どんな時に活用できるか?
用途、注意点を下記に上げます。

①公共機関を使えない
病状が重く、急変のリスクが高いために公共機関では急に新幹線や飛行機を停止させたり、対応は難しいため。

②救急車やドクターカーが使えない
救急車は他県への搬送は原則できません。その車両が長時間抜けると地元の救急体制が脆弱になってしまうからです。

③臨機応変な対応
公のものはルールや制約があるため、民間救急では医師の指示のもとではあるが個別に対応できることが多い。

④人や荷物や搬送中使う資機材が多い
酸素ボンベ、吸引器、AED、患者監視モニター、薬品など多数の医療資機材を必要とする場合は民間救急車に積むことができます。

例えば病状が安定してきたので田舎に帰って静養したい。
遠方に住んでいる両親を東京の病院で最先端の治療を受けさせたい。
ストレッチャーや車椅子に乗ったまま、医療資機材の整った車両で看護師や医療従事者の付き添い付きで旅行に出かけたい。
こんな時に検討してみてください。

注意点としては公共機関を併用するよりも時間や費用が多くかかる場合がありますので、事前に行程表を参考にしたり、見積りをとる事をおすすめします。

弊社は北は青森県や南は熊本県まで搬送実績があります。不明点がありましたら一度問い合わせください。

NEW

  • 車検&冬支度について

    query_builder 2020/11/11
  • アルコール消毒液 〜パル移送サービスの資機材紹介〜

    query_builder 2020/11/02
  • ガーグルベース(膿盆) 〜民間救急の資機材紹介〜

    query_builder 2020/10/28
  • 医療用酸素ボンベ 〜民間救急の資機材紹介〜

    query_builder 2020/10/23
  • 営業時間のお知らせ|株式会社PAL|パル移送サービス

    query_builder 2020/10/21

CATEGORY

ARCHIVE